2018年5月1日火曜日

【開催報告】英語で学ぶコンピュータ・サイエンス第1回

4月22日(日)にSOCKET IoMT/AI Lab Kumamotoにて、
Seattle IT Japanese Professionals (SIJP)主催による
「英語で学ぶコンピュータ・サイエンス講座」の第1回目が開催されました。

シアトルの講義会場と中継を結び、
シアトル・福岡・熊本の3拠点同時授業を行うワイズとしては初めての試みです。

画面越しに講義@シアトルに参加する子どもたち

講師はシアトルのIT企業で活躍されている今崎憲児さん。
今崎さんは熊本電波高専(現:熊本高専)を卒業されており、熊本にも所縁の深い方です。

コンピュータ・サイエンス(以下、CS)教育は世界的な流れであり、
日本では2020年に小学校段階でのプログラミング教育導入が発表されました。
一方、昨今のIT技術の発展で国境の垣根はどんどん低くなっており、
日本人にとって英語は必ずどこかでぶつかる壁のような存在になっています。

それならば、はじめから英語でCSを学び、
CSに興味を持ってもらうとともに、英語の必要性を感じて欲しいとの想いから、今回の企画は生まれました。

シアトルからの中継

熊本会場@SOCKET
講座では、事前にIT教育プラットフォームSeesawを使って、
自己紹介動画を撮影・投稿してもらいました。
照れもあって投稿は少ないんじゃないかと危惧していましたが、
どの子も堂々と撮影していて、保護者からも「楽しそうにやっていた」とのことでした。
さすがIT時代の子どもたち!

教育プラットフォームSeesaw

講義はコンピュータロジックの基礎(NOT, AND, OR)を学ぶ内容でした。
ロジックゲームの時間では、親指が立った状態=1、立っていない状態=0として、
1人が両手(または片手)を使って「AND!」「NOT!」と問題を出し、
出された側は論理演算の結果を親指を立てたりして答える、というものです。

「論理演算」と聞くと難しく感じますが、日常でもよくある考え方。
英語で進む授業に戸惑っていた子どもたちでしたが、
ゲームが始まるとすぐにピン!ときたらしく、楽しそうにやっていました。

ロジックゲームの様子

親子で実践

ゲームの様子を撮影中

画面越しにKenji先生とロジックゲーム
最後に、シアトルで活躍されているITエンジニアの皆さんへの質問コーナー。
「どうやったら海外で働けるの?」「何を勉強したらいい?」
と行った将来へ向けた質問が子どもたちから寄せられました。

英語で実施するにあたって、日本語通訳は基本的に無しでやりましょう、とした今回の講座。
私自身は英語を話せないけれどCSはわかるからどうにかなる!と思って参加し、
英語だけど何となくわかる〜楽しい!と感じました。

日本語通訳がないことに不満を感じた場面もあったかもしれませんが、
それは「英語がわかったらもっと楽しめたのに!」の裏返しだと思います。
これをきっかけに、英語やってみようかな〜と思ってもらえたなら嬉しいです。

・Seattle IT Japanese Professionals (SIJP)
https://sijp.org/

・SIJPの取り組みなどを紹介した、今崎さんエッセイ
http://www.junglecity.com/people/essay-stem-education/

・SIJPによる今回の取組みレポート
https://sijp.org/eventreport042218/

2018年4月13日金曜日

アイテラピーの施術をしてもらいました!

2018.4.13

4月3日(火)、4月5日(木)の2日にわたり、ピュアメイクエムの南向真理さんが弊社飛田オフィスにてアイテラピーの施術をしてくださいました。

アイテラピーは初体験でしたが、
1人約40分かけて体のコリと目の疲れを癒してもらいました。

体に触れるだけで、座り方の特徴や疲れている部位が分かる南向さん…
まさにゴッドハンド(神の手)です!

「社内疲労度選手権」の栄えある?ランキングに輝いたのは…

第2位



栄光の?!第1位

あまりの気持ちよさに、眠りに落ちてしまわれました。

そして栄光の特別賞は・・・
若いのに側弯症と言われたこの方!!!

少しは背骨がまっすぐになるといいですね…!

日頃パソコンと向かい合っている時間が長いので、意識して運動をしようと思いました。
素敵な時間を提供してくださった南向さん、本当にありがとうございました!!

文責・上野

2018年4月9日月曜日

お花見&歓迎会


初めまして。
3月12日よりワイズ・リーディングにパートでお世話になっております
岩田裕子(いわたゆうこ)と申します。
よろしくお願いいたします。

2018.3.30(金)
 お花見&新しいアルバイト5名の歓迎会が行われました。

 まずは、社長よりご挨拶・・・そして乾杯!!



今回はTRATTORIA ROSSOさんを貸切にして頂きました。

こだわりのサラダ・レモンピザ・コトレッタ(ミラノ風カツレツ)
パスタなど数々の美味しいお料理に、お酒もすすみます・・・






盛り上がってきたところで、次は新しいアルバイトさんのフレッシュな挨拶。






和やかな雰囲気の中、楽しい時間はあっという間に過ぎ・・・
最後は恒例?の100本締め!!


社員みんなの幸せを考えてくださる社長をはじめ、
素敵な社員の皆様に出会えたことに感謝です。
これから、ワイズ・リーディングでがんばっていきたい!!
そう気持ちを新たにした夜でした。

文責:岩田

2018年4月7日土曜日

春休みキッズプログラミング教室を開催しました

3月31日(土)にSOCKET IoMT/AI Lab Kumamotoにて、
春休みキッズプログラミング教室を開催しました。

毎回楽しみに参加しているというキッズから今回初めてのキッズまで、
小2〜中1の計12名で実施しました。




1. はじめに

はじめに、コンピュータの歴史を簡単に紹介し、プログラミングって何だろうという話をしました。


常連のお子さんもいるため、毎回新しい話を1つ入れるようにしています。
今回は「となりのトトロ」の1コマを紹介し、以前は”電話交換手”という職業があったこと、コンピュータとプログラミングによって、その職業が消えたことを話しました。
逆に生まれる職業もあることを話すと、子どもたちは少しホッとした様子でした。

2. アンプラグドプログラミング

次に、スタッフ含め互いに初めて顔を合わせる者同士打ち解けるよう、
トランプを使ったゲームを行いました。

参加者全員の背中に、本人に見えないよう1枚のカードを洗濯バサミ等でつけます。
他の参加者に質問しながら、自分がどのカードか当てるゲームです。
ルールとしては、
 ・質問はYes/Noで答えられるものとする
 ・参加者には1回だけ質問できる。(同じ人に何度も質問してはダメ)
 ・自分が行った質問は、質問した順序と内容をメモしておく
 ・一番少ない回数の質問で答えを当てられた人が優勝
としました。
さらに、質問をメモするときはYes/Noの分岐がわかるように書いてもらいます。

今回は7枚のカードを使い、7名毎の2グループに分けてゲームしました。
早い人で2回、だいたい3〜4回ほどで答えにたどり着けたようです。




次に人をシャッフルしての2回戦。今度は追加ルールとして、
 ・1回戦でやった質問と同じ質問をすること
 ・1回戦でやった時と違うYes/Noの分岐にきたら、新しい質問をしても良い
 ・2回でやった合計の質問回数が少ない人が優勝
としました。
2回目の追加ルールで大半の子が「大きな枠で特徴を捉え、徐々に細かくしていくことが大事」と自然に意識できたようで、条件分岐の考え方も違和感なく取り組めたようです。

3. Scratchでブロック崩しゲーム作り

ようやくパソコンを使うというと、みんな少し嬉しそう。
今回は、使うパソコンは自分でセッティングしてもらいました。
モニタ、マウス、キーボード、パソコン本体(RaspberryPi)を互いに相談しながら設置できていました。


今回はScratchブロック崩しゲーム作りにチャレンジしてもらいました。
角度やx-y座標を学校ではまだ習っていない参加者もいましたが、
スタッフや親御さんのフォローを受けながら、自然と理解できていたように思います。
また、Scratchは英語で使うことを推奨したところ、みんな頑張ってチャレンジしていました。







まとめ

今回は発表の時間が取れなかったため、全員に感想を言ってもらいました。
 ・オリジナルのゲームが作れてよかった
 ・いろんな模様のスプライトが作れた
 ・英語に苦戦したけど、周りと相談しながら進められた
 ・x-y座標をどうすればボールがどう動くのか考えながらやった
というような感想をもらいました。

そして全員に共通していたのが、
 ・楽しかった
 ・またやりたい
という言葉でした。

今回は色々と課題を詰め込み過ぎてしまったかなと心配しましたが、
今回も子どもたちは自分自身で考え、こちらが想像する以上の作品を作ってくれました。
ワークショップをやっていて、毎回驚かされるばかりです。

次回のキッズ向けプログラミング教室は夏休みを予定しています。
、、、が、その他にも色々な企画を考えていけたらと思っています。

今後もお楽しみに!

2018年4月5日木曜日

SOCKET IoMT/AI Lab Kumamotoにて「第1回英語でまなぶコンピュータ・サイエンス」が開催されます!

来たる4月22日(日)にSOCKET IoMT/AI Lab Kumamotoにて、
子どもICTワークショップ「英語でまなぶコンピュータ・サイエンス」の第1回目が開催されます!

今回は「コンピュータロジックを楽しく学ぼう」というテーマで、
コンピュータによる情報処理や計算などに関する理論の基礎について学びます。
アメリカの子どもたちと中継を結び、英語で一緒に学習します。

シアトル在住のITエンジニアによる授業に、ビデオチャットにより国境を超えて参加しする取り組みです。

たとえ英語がわからなくても、コンピュータロジックは万国共通!

参加ご希望の方は、以下のイベントサイトよりお申込みください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/learning-square

【イベント詳細】
日時:4月22日(日曜日)9:30-12:00AM(開場 9:15AM)
場所:SOCKET IoMT/AI Lab Kumamoto (熊本市北区飛田3-5-8 / TEL 096-342-7878)
対象:小・中学生(8歳~15歳ぐらいまで)
 使用言語は英語です。英語が理解できない場合はスタッフが適宜フォローします。
 保護者の方も一緒に参加できます。キーボード入力などで補助が必要な小学生のお子様については保護者同伴での参加をお願いいたします。
 高校生以上の方は、子どもたちの学習をアシストするスタッフとして参加できます。
内容:
 第1部:ロジッククラス(英語)
 第2部:質問コーナー(日本語)「アメリカのITエンジニアに聞きたいこと」
定員:15名
参加費:無料
主催:Seattle IT Japanese Professionals (SIJP)
共催:特定非営利活動法人くまもとLRネット 株式会社ワイズ・リーディング

皆さまのご参加をお待ちしています。