2017年2月20日月曜日

第127回画像診断塾

先週の土曜日(2/18)の14:00~ 第127回画像診断塾が開催されました。
実は診断塾の直前にお食事会があったようなのですが、自分は私用のため出席できず。
その時の様子はいずれどなたかが語ってくれるでしょう。(僕もおいしいもの食べたかった。)

さて、今回の画像診断塾は学生の春休み突入やテスト終了後と暇ができたのか、学生13名弁護士や行政書士、現役医師の方5名参加と今年一番の大盛況でした。
診断塾の最中、学生の皆が口々に質問や議論をする場面も見受けられ、画像診断に対しての興味がうかがえる場面もありました。



個人的に最も印象に残った症例は進行した肺がんによって右肺の中葉、下葉の含気がすべて失われ、一つの腫瘤の塊のようになっていた症例です。
私たち学生は日々、典型的で、一目見ただけで診断につながるような画像を中心に勉強しています。そんな中、今回の症例のような一目で肺がんと分からないような症例を学生のうちに見ることができたのは、実臨床に出て、典型的でない患者さんを見たとき「そういえばあんな症例もあったな」と自分を支える良い糧になったのではないかと思います。

診断塾終了後、学生からとったアンケートにこんな言葉がありました。
・正常構造がわからないから画像がわからなかった。
・解剖学の重要性を再認識しました。
解剖は私たち医学生が1年生~2年生で学ぶ科目です。やはり何事も基礎をしっかりやらないと次につながらないんだなということを痛感しました。
自分も基礎を怠らず一歩一歩勉学に励んでいこうと思います。

診断塾では普段の授業や教科書では得ることのできない知識を得るとても良い機会です。
学生にとって何よりうれしいのは受講料は必要なく参加すれば教えてくださるという先生の懐の深さです。
将来医師になったとき、今回の画像診断塾で聞いたことを自分の力となるようにしっかりと自分の記憶に刻み付けておかなけらばならないと思います。
このブログを読んでいる皆さん、画像診断塾は本当にいいところなので一度お越しになってみてはいかがでしょうか。

文責:ジャグラー

2017年2月6日月曜日

クリクラ第1ターム

2017.01.26

 今年も医学部医学科5年生のクリニカル・クラークシップの
放射線科講座を引き受けさせて頂くことになりました。

数ある診療科の中で、放射線科を選択して頂いた学生さん、有難うございます。
今年も皆さんに興味を持って頂けるよう、スタッフともどもお世話させて頂きます。

宜しくお願い致します。


ということで、今年の第1回目が先日開催されました。
いつもいつも思いますが、今回も非常に熱心な学生が受講してくれました。
約2時間と少々、お疲れ様でした。
スライドによる講座、見学、症例検討の流れは毎度のことですが、
今回もたくさんの多様な質問を頂きました。



特に遠隔画像診断は多様な働き方が可能ですので、勤務or開業or研究以外の
選択肢に、関心をもって聞いて頂けます。
特に女性陣には、出産、育児中でも一線で仕事ができることは、とても斬新に映るようです。


できる限り質問には答えさせて頂いていますが、時間が限られているため、
いつも質問が多く、消化不良になっている学生さんがいないか不安です。

事前に質問がある方は受け付けますので、
s-sugiyama■ysreading.co.jp
(■はアットマークです)
までお送り頂ければ、準備致します。

画像診断塾も開催していますので、ご興味がある学生さんは
ご参加お待ちしています。

文責:杉山










2017年1月25日水曜日

第126回画像診断塾

2017.01.21

先週末、2017年最初の画像診断塾を開催しました。
学生5名と行政書士の先生2名の参加です。

今回、医学部1年生が初参加で、非常にフレッシュな雰囲気でした。


今回は肩関節、膝関節のMRIの整形領域、腹部症例を多く取り扱いましたが・・・


今回特に記憶に残ったのはAi(死亡後画像診断)です。

心停止後になぜ気管内に液貯留がみられるのか、
動脈内の濃度差、動静脈の比較差など・・・。

お餅はCTで白いことも学生と一緒に学びました。

Aiで全てが明白になるわけではありませんが、
画像でしか分からないこともあり、受講生は真剣そのものでした。



断片的な知識ではなく、流れで理解すると応用も利くようになるものです。
画像を通して、色々なことを吸収しています。

毎日新しい発見があるので、楽しいです。

画像に興味がある学生さんはぜひご参加おまちしています。

文責:杉山








2017年1月12日木曜日

親子プログラミング教室を開催しました!

2017年ワイズ・リーディングの最初のイベントは、1月7日(土)開催のプログラミング教室。

これまで何度かキッズ向けプログラミング教室を実施してきましたが、
今回は初の親子教室として実施しました。



今回の目的は、
  • 子どもたちと一緒にお父さんお母さんにもプログラミングに興味を持ってもらう
  • プログラミング教育の可能性をお父さんお母さんにも知ってほしい
というところでした。

最初に、コンピュータと人間の違いについて概念的なところをお話しました。
話だけでは伝わりにくいと思ったので、親子で簡単なクイズ遊びをしてもらいました。


↑弊社代表の中山もお子さんと参加

結果的には保護者にコンピュータの真似をしてもらったような形で、
人とコンピュータの違いを体感してもらえたようです。

人とコンピュータにはそれぞれに得意なこと、不得意なことがあって、
うまく協力し合うことで大きな問題を解決できるんですよね!

この流れで、絵本を通してプログラミングの基本について説明を行いました。


■ルビィのぼうけん
「ルビィのぼうけん」はフィンランド出身のプログラマー、リンダ・リカウス氏が作り上げた絵本。
コードの書き方を学ぶものではなく、「プログラマミング的思考」の基本的な考え方を絵本を通して紹介しています。

今回は「第4章.ペンギンたち」を読み、ここに含まれる重要なプログラミングの基礎についてお話しました。


絵本を読んだ後、ルビィの目的やそのための解決手段、ペンギンたちへの伝え方について一緒に考えていきました。

物語に沿った練習問題を解くことで、「順場に並べる」ことについて考えてもらい、
相手に理解できるまで細かく分解すること、小さい処理を集めると大きな処理ができるという話をさせていただきました。

説明するだけではわかりにくいことが、
「ルビィのぼうけん」を読むことで、具体的にどんなことなのか理解してもらえたように思います。

最後に実践ということで、「カレーを作るプログラム」を作ってもらいました。

■「カレーを作るプログラム」を作ろう
付箋にカレーを作る手順を書き、順番に並べていきます。
カレーの材料は、子どもたちに自分が入れたいものを書いてもらいました。


「煮るってどういうこと?」「どう書いていいかわからない」

そういう声が子どもたちから挙がります。
お父さんお母さんに聞きながら、わかる範囲で一生懸命書いていました。

さてさて、夕飯にはおいしいカレーができたでしょうか?


プログラミングについての全容が何となくつかめたところで、
コンピュータを使って「Hour of Code」というビジュアル型プログラミングを体験していただきました。

Hour of Code はチュートリアル形式で進められるため、
参加者からはわかりやすいと好評でした!

今回Hour of Code体験用のマシンとして RasberryPi を用意したのですが、
これについては別の記事で触れたいと思います。


終了後、アンケートにご協力いただきました。

保護者の皆さまからは、
  • 「プログラミングとは何か」がわかりやすくて良かった
  • 短時間ながらプログラミング教育の有効性が実感できた
  • 参加して良かった
といった声が聞かれました。
子どもたちからは、
  • 楽しかった
  • 料理のことやいろんなことが考えられてよかった
  • もっとコンピュータを使ったプログラミングがしたい
といった声がありました。

子どもたちがプログラミングに触れるためには、
周りの環境(機材だけでなく、周りの大人)も大事だと思います。

そういう意味で、今回の親子でプログラミングをやるというのは、とても良い機会だったのではないでしょうか。

今後もワイズ・リーディングではキッズプログラミングを開催していきたいと思います。
また子ども向けだけでなく、子どもの周りにいる大人に向けた教室も開催できればと考えています。

2016年12月28日水曜日

パート・アルバイトさん。スタッフ募集!!


【雇用形態】  
 パート、アルバイト


【募集人数】  
 複数名


【職務内容】  
 医用レポートの文字校正

 カスタマーサポート対応
 一般事務
 文書作成
 開発アシスタント

 ※医療機関勤務、SE経験者などは優遇します。
 ※学歴は不問ですが、短大、専門学校、大学卒の方は優遇します。
 
【賃金】  
 830円〜1,000円
 経験・能力に応じて、当社規程により決定いたします。
 通勤手当有り

【勤務場所】  
 飛田オフィス  
 熊本県熊本市北区飛田3-6-35 中村ビル2F  


【勤務時間】  
 9:00~18:00

 3時間〜8時間まで
 週3日〜5日出勤できる方(相談可) 

【勤務期間】
 平成29年3月まで
 ※能力によって契約更新可。正社員への登用も有り。

【休日】

 日曜、祝日
 

     
【窓口】
〒861-5514  熊本県熊本市北区飛田3-6-35 中村ビル2F  
株式会社 ワイズ・リーディング  

http://www.ysreading.co.jp/

TEL:096-342-7878  

担当:中山(小) 
e-mail: info@ysreading.co.jp